ゆいるの「ありがとうごジャいま〜す」

ちゃる おしょっすむにだ〜 (*^ ^*)/




蔵王・・・スキーと樹氷と温泉と その2

2011년05월04일 (Wed) 09시15분22초


(季節外れも甚だしいネタですみません。「1」を書いたので
書ききってしまいますね)

翌朝・・・見事に晴れてくれました!!!
朝の温泉も気持ち良く、ワクワク。
最近のんびりスキーばかりしてたのに、朝一番から活動なんて久しぶり。

まずは・・・腹ごしらえ(やっぱり、これ大事)
 バイキングの品数が豊富♪
おいしかったし、もっと食べたかったけど、ガマンです。

結局朝2番のロープウェーに乗って山頂へ向かいました。
 
ロープウェーからの素晴らしい眺め!!!!!
乗ってる間カメラと携帯での撮影に大忙し。

 山頂のお地蔵様も晴れて嬉しそう

・・・なんですが、山頂は吹き飛ばされそうなくらいの突風。
自分の髪の毛まで徐々に樹氷状態になってるのを感じました。

チェックアウトは12時、目指せ全コース制覇!!!!!
・・・なのに
 きれいな 場所を見つけると・・・

 こーんなことしたり

 こーんなことしたり

 はたまた野天風呂を眺めてみたり
(冬季はイベント時には開放されるらしいです。こんなところ入ってみたいです)

 写真撮影に大忙しでした

それでも写真休憩以外には滑りっぱなし。
甘酒サービスの誘惑!?にも負けず、頑張りましたよ。
ちょっと離れにある1コースを除いて全コース制覇しました〜。
蔵王はとてもいいスキー場だとは思いますが、横への移動がちょっと大変
スキーヤーでも大変なのに、ボーダーはもっと大変だろうなぁと思いました。

12時、チングが待つホテルに戻り、ランチタイム。
デ・ヴァルテというゲレンデ内にあるレストランへ。
 
チングのパエリア               ゆいるのカレードリア!?(忘れた・・・)
おいしかったことだけは覚えてます。

チングは新潟まで下道で4時間かかるのでランチの後帰宅、
ゆいるはバスの出発まで時間があったのでホテルの温泉を楽しみました。
チェックアウトの後に温泉に入れるのは本当にありがたいですね。

 浴場の入り口

 浴場の外には足湯もあります

 とてもいい温泉でした〜

温泉を堪能し、バスで仙台空港へ、そして飛行機で大阪へ。
約4時間ほどなら時間的には普段日帰りで行く兵庫県内や岐阜とかわらない、
(金額は違いますけどね)事前に準備して早割などの航空券を買っておけば
かなりお得に東北スキーが楽しめるってことです。
来シーズンから東北スキーは絶対に外せないな・・・と思っていた矢先に震災。
冬にはきっと少しは元気になって、私たちを迎えてくれることを祈ってます♪

蔵王・・・スキーと樹氷と温泉と その1

2011년02월28일 (Mon) 12시41분19초

みなさん、ごぶさたしまくっております。
せっかくカンボジアレポを書いていたのに、データが全部飛んで消えてしまい
すっかりやるき喪失。プラスこのところ仕事がとても忙しく、外出も多かったので
お昼休みのブログタイムが作れなくて。
感動冷めないうちに、書きたいと思っています。

さて、先週末は高校の修学旅行以来約20年ぶりの東北です。
行き先は「蔵王」
蔵王といえば山形(びっくりしたのですが、山形「市」にあるんですよ)ですが
ゆいるは仙台空港から蔵王入りしました。
山形からもバスは出ていますが山形からの場合、一旦JR山形駅まで出ないと
いけないんです。仙台からは冬だけなのか特別に蔵王行きのバスがあるんですよ。

行きの飛行機。最近は窓際の席に座ってもあまり外を見ることもなかったのに
今回は離陸直後に「うちの家は・・・」「阪神競馬場や」などと思いながら。
そのうちに琵琶湖がみえ、琵琶湖を過ぎると山々に雪。
しばらくすると御岳山、日本アルプスの山々の素晴らしい雪景色に感動です。
こんなときに限ってカメラは上の棚・・・。一番のレンズ、目にしっかりやきつけました。
伊丹→仙台が1時間半、そして空港から蔵王まで1時間半。
家を出て4時間ちょっとで行けるんだったら、少々交通費は高いけど、
東北スキーは価値がありそうです♪

今回の旅は新潟在住のチングと一緒。チングは車(ずっと下道らしい)で蔵王へ。
昨年新潟でスキーして以来(記事はこちら)の再会です。
ホテルはチングの熱〜い希望により蔵王国際ホテルです。
行こうと思えばいつでもスキーできる環境にある彼女はスキーより温泉目当て。
初日ちょっと滑って、翌日は温泉でのんびりしたいということで
12時チェックイン12時チェックアウトのプランにしました。

さっそく12時にチェックインしてから腹ごしらえ(やっぱりこれ大事)
ホテルから歩いて5分くらいのところにある「ぷうたろう」というペンションへ。
 一番人気の煮込みハンバーグ

 ゆいるはチーズハンバーグデミグラスソース
おいしかったです♪ついつい久しぶりなので、スキーに行くことを忘れてるかのように
いっぱいしゃべりました。

2時ごろ重い腰を上げてスキー場へ。おいしそうな店探し以外何の調査も
してなかったゆいる、ホテル横にあるロープウェーに乗るためには朝一番以外は
整理券が必要(それもすぐになくなる)ことを知らなかった・・・。
行ったら当然「本日の整理券はなくなりました」の張り紙。
仕方がないのでリフトを乗り継いでいくことに。
 前日夜から小雪。この日もずっとこんな感じ

 リフトからは樹氷ならぬ霧氷が
チングは、絶対霧氷の方がきれい!って言ってました。
 大きいスキー場なので案内がいっぱい
ここで驚いたのが、英語だけでなく韓国語に中国語(簡体字と繁体字)、
合計5カ国語の表記があるんです。確かにレストランでも韓国人カップルに
会いましたし、ホテルにも韓国人。
韓国語と中国語で「韓国語・中国語で注文可能」と張り紙してあるレストランも
ありました。
 上に行くほどに樹氷っぽくなってきました

乗り継いで山頂に到着。樹氷たちのお出迎え・・・
 天気が悪くて樹氷だか空だか・・・
 写真でもどう写ってるかわからず
とりあえず撮ったという感じでした。
スキーヤーだけではなく、樹氷を見学するためにたくさんの方がいらっしゃってました。
この日は残念ながらかなり見学には向かない日になってしまいました。

 こうすれば巨大だということわかりますね
スノーモンスターといわれるだけあって、お化けっぽい!?かも。

 こちらはお地蔵様
高さが2m30cmくらいあるのですが、雪が積もって頭だけ。
もっと大雪が降ったら・・・多分バチあたりにも頭の上を通ることになるんでしょうか。

樹氷見学はそこそこに、さっさと下山。スキーを楽しみました。
蔵王に行く前日、手袋を買い替えようとお店に行き
気が付いたら手袋だけでなく、ウェアーに板まで購入して大散財。
モトはとらなきゃとスキーを頑張りました。

夕方になり
 ちょっと晴れてきました。
夕日がきれいでした〜。明日は晴れると期待して・・・。

ホテルに戻り冷えた体を温泉であっためました。
硫黄の温泉でとっても気持ちのいいお湯でした。
浴場もとても素敵なんですよ(その2でご紹介します)

お待ちかねの夕食
 山形の食材を使った懐石
ここにはありませんが、山形名物いも鍋も。
この後お刺身におそばに・・・食べきれないほどでしたが、
とってもおいしかったです。

この夜・・・シメの温泉だ〜とか、ナルニア国物語をTVでみるぞ〜とか
宴会するぞ〜(ビールをロング缶6本も準備)とか言ってたのにバタンキュー。
夜中に目覚めて二人で1本だけ飲んで、また爆睡。
若かりし頃はリフトが止まるまで滑り、夕食後は居酒屋が閉まるまで飲んで、
そのあと明け方までトランプ、朝一番からスキーしてたのに。
やはり体力の衰えが・・・。

翌日は朝一番のロープウェーに乗るべく早起き予定です!

(その2につづく)

河口湖合宿!その5

2010년10월25일 (Mon) 12시52분34초

翌朝・・・希望者だけ8時に校舎前に集合。

朝、ランニングしようということで、夕食の際に希望者を行きたい人を募ったら
たくさんの人が手を上げていたのに、ほとんどみんな就寝中

結局10人も集まらず
2キロくらい走ろうって話でしたが、ゆいるは「散歩するから、おすすめコース教えて」と最初から走るのはギブアップ。
先輩から「自転車で走ればいいやん」と言われ、施設の自転車をお借りして走ることに。

 2キロ近く、上り坂
結局自転車を持って歩くハメに。

 連理の枝!?
 静かな森の中、森林浴

 かわいいお花もいっぱい

 朝の、雲海の上の雄大な姿!
じゃなかったので、全景が見られず残念。

自転車に乗るのも久しぶり。朝からいい汗かきました

朝食をとり、2時間ほどマジメに組合のワークショップに参加し、
とうとう合宿も終わり。

こうちゃんも交えて記念撮影
 さぁ、ゆいるはどこでしょう?

楽しい2日間でした。帰り道にワイン工場に立ち寄り
ワインの試飲を楽しみながら、帰りました。

もともと私の入社年次あたりの社員の採用が少なくて、
参加の同期は東京からの1人(それも組合の幹部)だぇ。
かなり上かかなり下という参加者の年齢分布なので、ちょっと寂しいのですが
(同期チングを誘ったら断られたし
それでもいろんな情報交換をしたり、楽しい時間を過ごすことができました。

最後に・・・こうちゃんのブログに集合写真がUPされていたのでご紹介。
ゆいるも書き込みしましたよ♪

河口湖合宿!その4

2010년10월24일 (Sun) 23시50분31초

合宿から帰って1週間経ってしまいました。
コンサート以外のレポの遅さは今に始まったことじゃないですが・・・
もうちょっとお付き合いくださいね。

さてさて・・・温泉から帰ったら普段ならってところですが、
夜は長い、これからです

ここにはキャンプファイヤーの設備もあります。
エンドレスのタイムの始まりで〜す

 清水国明さんの乾杯でスタート
せっかくですから・・・清水国明さんを囲んでも撮りましたよ
飲むのは大好きなのだそうですが、翌日朝4時に広島に向かって出発とのことで
乾杯だけして、帰宅(って園内ですけど)されました。ざーんねん

乾杯が終わって、キャンプファイヤーの火を点火・・・と言いたいところですが、
火はおこしてつけることに。
 若手男子が4人ひたすら頑張っていたのですが・・・
煙は出ても結局つきませんでした。
講演の時に「火をおこせない人は猿以下!」とまで言われてたのに
どうやら、うちの社員は猿以下のようです

あきらめて、マッチだかライターだかで点火しました。
 一晩中ずっと火がともってました

あれだけ大量に買ったお酒も、ビール数ケース、チューハイ数本を残して飲みつくし
(帰りのバスで全部なくなった模様)ました。

キャンプファイヤーのまわりでゲームをしたり花火をしたり。
でも、キャンプファイヤーというと何といってもフォークダンス
絶対やるんだろうと思ったら、幹事からやろうという声は一向になく。
準備してなかったみたいです
一人だけ覚えている人がいて、何人かに教え、じゃあやろう!ってことに
なったのですが・・・
酔っ払っていることも重なりむちゃくちゃ。
早々にギブアップしちゃいました。

2時ごろまではほとんど全員が残っていたのですが、少しずつ減り
3時前には4〜5人に。
そこへ、従業員のうちの一人「こうちゃん」登場。
今回私たちを担当してくれた人です。(講演中にもよく名前が出ていました)
ピザ焼きの時に話していて、ゆいると同じ兵庫県出身ということが判明。
通ってた学校やら住んでいる場所も結構近くて、盛り上がってたんです。
もともと俳優さんだったんですよ。マツケンサンバのダンスもしてたとか。
(戻ってYOUTUBEみたけど、よくわかりませんでした

夜中3時を過ぎて一緒にを飲みながら、こうちゃんを囲んで、
みんなでいろいろ話しました。
「お昼のゲームがとても楽しかった」という話をすると、
「もっと楽しいゲームがいっぱいあるんですよ〜」ですって。
研修でここに来られる方も多く、研修の内容によってまた別のゲームがあるそうです。
それから、俳優さんをしていたときの話や、ここで働くようになったいきさつ
も聞きました。
俳優として実績もありながら、なぜこの世界へ飛び込んだのか・・・。
私からするとすごくもったいない気がしますが、彼なりの価値観があり、
なるほどな〜って。
家族の後押しも大きかったようです。家族や仲間って本当に大切ですね。
ゆいる、質問してみました。
「こうちゃん、いつか俳優に戻りたいって思ってる?」
すると「今は思ってないけど、いつか、そう遠くない将来に舞台に立ちたいと
思ってる」
そうです。
もし戻ったら・・・是非彼の立つ舞台を観てみたいです。
自然の中で更に大きくなった俳優、こうちゃんの姿が観られる日も近い?

4時前になって、どうせなら国明さん見送る?って話をしてたのですが、
「髭剃りしながら運転する」くらいギリギリ派なのだそうで、みんなであきらめてやっと就寝。おやすみなさ〜い。

河口湖合宿!その3

2010년10월22일 (Fri) 12시16분44초

さあタイムです。

各チーム代表2人がピザ作りに挑戦
講演中、40人から3人になったという、その従業員のお一人、
松さんがまずみんなにお手本をみせてくれました。

 粉をまぶす
 生地をのばす
 トマトソースを塗る
 ピザチーズ&粉チーズをかける
 中心にオリーブオイルをかける
 バジルをのせる
 日本で3つしかないというピザ釜で焼く
 ゆいるもチームを代表して作りましたよ
(というか、みんなに忙しかった?)
 ゆいる作のピザです。
これが、ホントにおいしかった〜
またこれだけ食べに行きたいくらいです。

あとは、BBQ(お肉&ここで取れた野菜)と
 鶏ご飯
食べる時には鶏をくずして食べます。
バターもはいっていて、すっごくおいしかったです。
それから、豚汁も用意されていました。

ピザ以外はゲーム4・5位チームが準備してくれました。
みんなありがと〜

ワインを飲みながら、贅沢なディナータイム
・・・だったのですが、夕食も1時間しか時間が与えられず、終了
イベント目白押しでして。

希望者(でも半分以上)で近くの日帰り温泉へ
ゆらり」というところにいってきました。
ここ、良かったですよ
これまた1時間しか時間がなかったので、ゆっくりというワケにはいきませんでしたが
いろんなお風呂、サウナがあり、脱衣所もきれいでしたよ。
河口湖方面に行かれる方、是非おすすめです